林業と乾しいたけ生産を両立しています。

INTERVIEW #06

福田 禎博さん

おおいた森林組合

Interview with
a Forest Worker

林業に入ったきっかけは?

自衛隊から転職したのですが、最初は調理師の資格を活かし介護士になりました。ただ、自衛隊の頃からしいたけ栽培をやっていたこともあり「私には山で体を動かす仕事が合っている」と思い、今は林業(主に4〜9月)と乾しいたけ生産(主に10〜3月)と両立して林業に従事しています。


やりがい、魅力は?

"山を育てる仕事"ができていることですね。
伐採→地ごしらえ→植栽→下刈りと、基本的に全ての工程を自分たちでやっているので、「育てている」という実感があります。あとは、毎日森林浴ができて贅沢だなぁと思います。


難しさ厳しさを感じますか?

家のすぐそばで伐採をすることもあるのですが、家の方には絶対に倒れないようとても気を使います。木をワイヤーで引っ張って伐採するなどの作業が増えるので大変ですが、腕の見せ所ですね。


休日はどう過ごしていますか?

猫のお世話です。飼っている7匹の猫のために仕事をしていると言っても過言ではないですね。時間ができると保護猫の活動もお手伝いしています。あとは田んぼもやっているので草刈りなど、基本的には家のことをやっていますね。


これから林業の世界を目指す方にアドバイスをお願いします。

林業は、徹底した安全管理が大切です! 普段はチェーンソーの刃から守ってくれる防護ズボンを履くのですが、たまたま履かずにチェーンソーを使って怪我をしてしまい、しばらく休んでしまったことあるのでこれは本当に声を大にしていいたいです。身を守るアイテムもたくさんあるので、それらを活用するのが良いです!


WORKER’S PROFILE

おおいた森林組合

福田 禎博さん

大分県由布市出身
50代・参入5年目
休日は、猫のお世話と田んぼの草刈りなど家のこと

CONTACTお問合せ

大分県農林水産部林務管理課 林業経営支援班

〒870-8501 大分市大手町3-1-1(本館8F)
TEL 097-506-3823
FAX 097-506-1765

© Oita Prefecture